備忘録!!

面白いと思った記事や本を紹介したいと思います。

大学新入生に向けた(実用的な)読書案内(2017年3月時点)

とあるきっかけがあって、18歳のこれから大学に入る学生のための読書案内をまとめようと思ったところ、せっかくなのでブログにもまとめてみようと思います。

 

この記事は、大学新入生向けの読書案内であり、自分が18歳に戻れたら大学時代どうすごすかな。という振り返りでもあります。

 

①大学時代の過ごし方について

 以下のブログ記事がとても有益だと思うので、まずはこちらを先に読んでください。

(リメイク)これから大学に入学する新入生のために - かねどーのブログ

 

 大学を卒業して3年間、(比較的忙しいとされる業種の)社会人として働く中で、今の大学生が学生時代に蓄積できる経験・知識は社会に出てからも大きな財産になることばかりだと改めて感じています。

 18歳の自分にもし会えるなら、

・周りの同調圧力に屈せず、自分の可能性を追求しよう

・学問の方法論を学ぼう

・とにかく社会に出て、広い世界を見よう

という3点を全力で伝えたいと思います。

(1点追加するなら、「大学の成績はとても重要。取り返しがつかないので大事にすべき」です。) 

 

②読書案内

こちらについては、上記ブログとは趣旨が少し異なり、「実用的な」書籍を紹介したいと思います。

 

自分自身の経験からすると、世の中の大半の大学生はそもそも論理的な議論を行うスキルが不足しています。(たとえ最上位の大学であっても全員が身に着けているものではない)

 

これは学問をする上でも、社会で働く上でも重要なスキルであり、本来高校~大学前半くらいに全力で叩き込まれるべき項目だと思うのですが、あまり日本の高校・大学では学ぶ機会がないので、大学入学時~1年以内くらいに優先して身に着けるべきだと考えています。一見遠回りでも、学業・課外活動・就職活動ともに役立つと思います。

 

個人的には大学入学のタイミングくらいでこれら必須スキルを身に着けてしまったほうが、後の学生生活が実り多いものになると思うのですが、比較的世の中の読書案内は大学4年間で読むべき書籍に関するものが多いように感じたので、あえて俗っぽいリストを作成してみました。

なお、いい本は思いつかなかったのですが、このほかに必要な基礎スキルとしては、学術論文の書き方、引用の仕方などのお作法が挙げられます。これは英米の大学では1年生が厳しく叩き込まれるスキルなのですが、日本の大学でぼーっと過ごすと身につかない可能性があるので、積極的に大学で学ぶべきだと思います。

 

(なお、ここでは大学1年時にスキルを一気に高めるための書籍を中心に紹介していますが、大学時代は自分の仕事に関係ない書籍を大量に読むことが出来る貴重な機会なので、下記のような即効性の高いものだけでなく、古典を含めて幅広い分野の読書をおすすめします。)

 

<必読編>

読みやすくて、かつ誰でもほぼ確実に役に立つと思われるもの。とにかくとっつきやすいことを重視しています。

 

1. イシューから始めよ

 

誰が何と言おうと、まず第一におすすめしたい本です。

マッキンゼーを経て、Yale大学で脳神経科学Ph.Dを取得され、現在ヤフー(株)のCSOを務められている安宅和人さんが、問題解決にあたって最短距離を走るための方法論を説明されています。アカデミックにおいても実務においてもベースとなる思考方法なので、何度も読んで体得すべき。

 

2. 入門・考える技術・書く技術

 

かの有名なバーバラ・ミントの「考える技術・書く技術」のエッセンスを抽出した上で、日本語向けにカスタマイズされています。

論理的な文章を書く上で必要な考え方を学ぶには、最低限読んでおくべき書籍だと思っています。なお、私が就活相談を受けた際には、まずこの本を読んで文書の書き方をよく学ぶことを薦めています。

 

3. 読書について

 

古典ですが、読みやすいと思います。

読書は先人の知恵を学ぶ上で非常に効率のいい手段ですが、本書においてショウペンハウエルは、ただ多くの本を読むだけで、自分の頭で考えないことの危険性を指摘しています。

 

4. 論理学トレーニング101題

議論を行う際、また、就職活動にあたって筆記試験に臨む際などにも論理学のベースがあるととにかく有利なので、誰でも一度は論理学にきちんと触れるべきだと思います。

 

言い訳をしておくと、私はこの本を読んでいません。(これ以外の本を数冊読みました)私自身は大学で論理学関係の授業をとり、各種試験で論理テストみたいなものも大量に対策する必要があったので、大学入学から常に論理学的思考に触れる機会がありました。また、専攻も経済学なので、日々数学にも触れていました。

ただ、振り返ってみると、論理学的思考を学ぶ上では本書が最もよく推薦される名著なので、まずはこの本をしっかりと身に着けるのが近道だと思います。

 

5. ハーバード流交渉術

 議論の進め方について学ぶなら。「交渉術」というと何か相手をだましてかすめ取るような印象を持たれるかもしれませんが、本書で主張されているのはWin-WIn型の交渉を原則とすべきということです。建設的な議論を進める上でのベースとなることが書かれています。

なお、個人的には交渉における感情の在り方に焦点を当てた以下の本も学びが大きかったですが、「ハーバード流交渉術」ほど評判が確立してはいないので参考まで。

 

6. ひたすら読むエコノミクス

 ミクロ経済学についてのわかりやすい入門書です。ミクロ経済学はなにせとっつきずらいので嫌われがちですが、社会・組織の中でどうすれば最適な資源分配が可能になるか?ということについて論理的な解を導くための非常に有益なツールです。

個人的に、多くの人にとってマクロ経済学の理解はほどほどでよいと思うのですが、ミクロ経済学的思考は誰にとっても極めて有益だと思っています。

 

 

 7. 採用基準 

論理・議論に関する書籍、というくくりとは外れますが、ぜひおすすめしたいものです。元マッキンゼーの採用担当である伊賀泰代さんがリーダーシップの重要性について説いています。「リーダーシップ」というと、ついつい「○○委員長」「○○部長」などの役職をイメージしがちですが、リーダーシップとは一人一人が持つべきスキルであるとしています。

スキルとしてのリーダーシップという概念を世に広めた本だと思います。就職活動を進める上でもリーダーシップ経験は問われる機会が多くなるかと思うので、早い段階で読んでおくことに意味はあると思います。

 

なお、著者の方はよくも悪くもバブル期に大学を卒業された方ということもあり、やや学問を軽視する傾向にありますが、私はこの点については同意しません。

 

 

 

<おすすめ編>

誰でも、とは言わないのですが、ぜひ読んでみてほしい書籍たちです。(古典・文学は除く)

※古典や文学は載せ始めると大量になってしまうのでここでは割愛します。

※下記の書籍の解説は気が向いたら追記します。また、気分次第でいろいろ変わります。

 

 

なお、楽しい読書については、以下のリンクなども参考になると思います。

大学教師が新入生に薦める100冊: わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる